野球

「Mr.FULLSWING」チート能力&野球ギャグにツッコミどころ満載

ミスフル

出典:Amazon

総合評価 C (まずはお試し読みで判断)

ミスフルがおすすめの人

  • 非現実的チート能力で野球する作品が読みたい
  • シリアス路線よりギャグ&パロディが好き
  • 高校野球ならラブコメ要素も欲しいと思う人

連載開始時は、「中村紀洋をモデルにした野球漫画だな!?」と作品タイトルを見て興奮。当時の中村人気はすごく、私も彼のフルスイングに魅了されている一人だった。

しかし蓋を開けてみると、本格野球とは真逆にあるギャグ特化のチート能力野球。「うげ・・この内容で進むのか」とがっかり。にも関わらず、私はその後も読むようになった。

理由としては、パロディだったりラブコメ要素が笑えたり。チート能力を必殺技のように使う作品として割り切って読んだため。「ギャグ野球だから」と切り捨てる前に、1巻だけ試し読みすべし。

「Mr.FULLSWING」のストーリー

©ミスターフルスイング 鈴木信也

主人公・猿野天国(さるのあまくに)は十二支高校の新入生。入学早々に知り合った野球部マネージャー・鳥居凪への想いをきっかけに、20年前の伝説に挑戦する。

伝説とは、ホームランボールを校舎の時計に直撃させた村中紀洋の存在だった。過去にも部員たちは、村中を目指し伝説に挑んできたが誰のボールも届かず。

しかし、天国の人並み外れたパワーにより校舎に届き、物語は動き始める。野球漫画だが、ギャグやパロディなど笑いを重視した作風で展開されていく。

選手たちの非現実的チート能力が見どころ

ミスフルを語る上で外せないのは、登場選手たちのチート能力だろう。非現実的な球やバッティング、守備に走塁といったプレー内容にリアリティがない。

私はリアリティ路線の野球漫画が好きなので、当初はこの設定があまり受け付けなかったのだけど(苦笑)視点を変えチートを楽しむ作品と思うと、さほど気にはならなくなった。

ジャンプを購入していたから読むことになっていたが、単行本のみで置かれてあると読まず嫌いしていたかもしれない。そういう意味で、何でも読んでみないと分からないものだなと思う。

主人公である天国は、高校1年としてありえないパワーを持っているが、まだパワーという現実的な能力なのがバランス的に良かったのかも。

十二支高校の野球部編に始まり、ライバルたちの登場といった展開で、色んな能力を楽しむ漫画。2001年に始まった漫画なので、160キロを投げる!みたいなキャラもいるが、大谷選手の存在が改めて漫画だなと思うばかり(笑)

好きなキャラ探しを楽しむ漫画

次々に個性的キャラが登場するため、好きなキャラも出てくるようになる。この好きなキャラ探しも作品を読む上で楽しめるポイントだ。

チート系の選手がどんどん出てくる中で、初期からいる子津忠之介は私の推しキャラ。万能的な選手たちの中で、才能的にはそこまでではない普通キャラ。

だけど努力を惜しまず、ひたすら頑張っていくことなど、わかりやすい凡才キャラなのが良い。ビジュアルに惹かれたり、能力に好かれるのも良いけど、子津は人間味がいいんだと伝えたい

キャラ漫画、チート能力という点で考えると、笑いのないテニプリ的な感覚。全25巻とそれなりの長さだが、そう考えてもキャラは多いと思う。

気に入ってきたキャラがインフレで相対的に弱く見えた時、ちょっと悲しくなるかもしれないけど(苦笑)

Mr.FULLSWING 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

Mr.FULLSWING 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

鈴木信也
678円(10/01 10:04時点)
発売日: 2011/10/18
Amazonの情報を掲載しています

-野球
-, , , ,

© 2020 面白い漫画.COM