マイナー競技

「テニスの王子様」ネタにされがちだけどテニプリは激アツ

テニスの王子様

出典:Amazon

総合評価 A (めちゃくちゃ面白い)

テニスの王子様がおすすめの人

  • ビジュアル的にカッコいいキャラが好き
  • チート能力によるテニス漫画が読みたい
  • 試合の結末が読みづらく熱い展開が好き

ジャンプ誌面に掲載された読み切りを見て、「これは面白い!」と思ったテニプリ。越前リョーマという魅力的なキャラの戦いぶりで、この漫画は間違いなくヒットすると確信。

予想通り連載され始め、次々に出てくるライバルたちとの熱い戦いに夢中になった。まだネット普及もしていなかった頃は、ここまでネタ漫画にされるとは思わなかったが(笑)

確かにありえない技やチート能力で試合をする部分は、「こんなのアリかよ」と思うこともあるのだけど。これらを含めた上で評価できるのが、テニプリの良さでもある。

「テニスの王子様」のストーリー

主人公・越前リョーマは、テニスの名門である青春学園に入学する。リョーマは1年生にしてレギュラーとなり、様々なライバル校との戦いを繰り広げる。

また、仲間である青春学園のメンバーとの試合で成長するなど、青学全体で全国を目指す物語でもある。

必要不可欠なリョーマの存在

©テニスの王子様 集英社

まず何と言っても欠かせないのは、主人公・越前リョーマの存在だ。名門青学内であっても、1年生にしてレギュラーを掴む天才選手。

リョーマは自信に溢れており、読者としても絶対的な信頼を寄せてしまう。ツイストサーブを始めとした、リョーマの必殺ショットがかっこよき

テニプリに影響されてテニス部に入る子供が増えたと聞くが、私もそうだろうなと連載中は思っていた。それだけ真似したくなるカッコよさに、魅力を兼ね備えた存在。

他校との試合は繰り返されるが、リョーマまでの試合の前座感はすごい(笑)もちろん、他の選手も面白く描いているのだけど、「主役の登場」が最大の見せ場だ。

リョーマは自信たっぷり、負けが許されないというキャラだけど、それでも苦戦するし時に負けたりするのが面白い。

ライバルのクセがすごい

私は生粋のリョーマファンだが、ほぼ一般的な感覚だと思っている。主人公に魅力があるのは当然なので。

しかし、本作に登場するライバルキャラたちは、クセの強い人物が多いため、誰のファンかと言われると意見も割れるだろう。

「手塚ゾーン」で有名な手塚、「ワシの波動球」の石田。「俺様」の跡部。挙げればキリがないのだけど、とにかくクセが強くて忘れられなくなるキャラが次々に登場。

私も色々と好きなキャラはいるが、特に山吹中の亜久津が好きだった。超絶不良という、真面目にテニスをやる作品に置いて異質な存在。

リョーマ戦でも、最大の見せ場となる〇〇をやっちゃうのだけど、未読の方のために伏せる(苦笑)サブキャラのクセがすごいので、それだけでも読む価値あり

ネタにされがちだが、試合展開は激アツ

ギャグテニス漫画と揶揄されているのも分かるが、根本的なところでは熱い戦いが繰り広げられている。

手塚ゾーンや、波動球、ひとりダブルスなどなど。ネタ漫画と言われても仕方がない展開も多いのだけど、勝敗に関わる部分には必死さが伝わってくる。

ネタ技披露はあくまで作品の流れの一部で、みんな勝つことにこだわる執着心というか。熱はしっかり伝わってくる。

勝敗には、スポーツ漫画にありがちな予定調和が発動しないこともある。「あれ?ここでこの結果で大丈夫?」という流れは、読者なら思うことだ。

読めてしまう展開を封じているので、ここは許斐氏の上手いところだと思う。結果を分からなくさせるというのは、スポーツ漫画では難しいことなので。

テニスの王子様 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

テニスの王子様 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

許斐剛
408円(09/29 14:19時点)
発売日: 2000/01/07
Amazonの情報を掲載しています

-マイナー競技
-, , ,

© 2020 面白い漫画.COM