漫画・アニメ・クリエーター

冨樫信者のみが楽しめる漫画家のうす口日常「先生白書」

先生白書

出典:Amazon

総合評価 E (興味がある人向け)

先生白書がおすすめの人

  • 冨樫義博氏を崇拝するほど好きな人
  • 漫画家の日常モノを読みたい
  • 幽遊白書のファン

「冨樫仕事しろ」でおなじみの冨樫義博氏の元アシスタントが作者。元アシスタントとして、富樫氏の漫画家としてどういう働き方をしていたのかを描いている

ただし本作者・味野氏によると「記憶の許す限り」で覚えていることを作品化。その影響か、少しパンチの足りない印象を受け、うす味の漫画家日常レベルの内容。レビューも少し荒れたほど。

とは言え、好きな漫画家の制作裏話を知れるなら読みたい人もいるだろう。そのため、本作に限っては「冨樫信者」におすすめ。「富樫仕事しろ」とツッコめる内容は基本的に期待しないように(苦笑)

「先生白書」のストーリー

©先生白書 イースト・プレス

「幽遊白書」や「レベルE」を連載していた頃の冨樫義博氏を、元アシスタントの立場から描いている。

冨樫氏の仕事現場のことや、アシスタントへの指示。技術的なアドバイスや、日常で起こったこと、冨樫氏の連載時の苦悩。これら様々なことをネタ化。

冨樫信者以外は「富樫仕事しろ」とツッコみたいのでは

漫画ファンにとっての冨樫義博イメージは、ネガティブな物が多いのではないだろうか。「途中で燃え尽きる」「休載が多い」といった流れから、「富樫仕事しろ」が有名なフレーズになった。

その影響は私にもあり、なぜ幽遊白書がラストに向かって雑になったのかは気になっていたところ。幽白時代の元アシスタント視点で、真相に迫れるのではと思い読んだ。

ただ、富樫氏の真面目なところや、苦悩する部分が描かれており、これで仕事しろとはとても言えない内容に。もちろん、本当に大変なのは分かるのだけど。

息抜きでゲームをしているところを編集者に見られて、漫画を描く描写などがあるがツッコみたくなるかというと微妙

元アシスタントから見ると、富樫氏は本当に苦労しているのだろうけど、読者が読みながらツッコみたくなるような、変なところがない。少し面白おかしくしてもよかったのでは。

冨樫氏がどういう人間なのかは伝わってくる

悪く描かれず、しかも面白おかしくされることもない。一見すると、味野氏の漫画家としての力不足かなとも思ったが、そこには冨樫氏の人柄の良さが関係しているのかもしれない。

これは読んで頂かないと分かりにくいところだが、冨樫氏はアシスタントをとても大事にしている作家のようだ。

完全に読者としての憶測だが、本当に人柄の良い人間なのだろう。プロ意識は高く、それ故に手を抜くことが出来ない職人というか。

もう少し楽な制作を目指せば、連載もそこまでしんどい思いをしなくて済んだだろうにと感じる部分がある。本作が面白いかどうかは別だが、富樫氏の人間性は伝わった。

「冨樫義博=社会不適合者」のレッテルを貼られた現状に、反撃するかのような味野氏によるメッセージとも言えるのではないだろうか。

全体的には「とある漫画家の変哲もない日常」

評価としては、かなり低くせざるを得ない。確かに、幽遊白書の連載がヤバくなっていった話などは、私も幽白読者として知れて良かったのだが。

決して雑に終わらせたのではなく、ギリギリのところで頑張ってくれていたのだなと。ただし、全体的に見ると「とある漫画家の変哲のない日常」くらい。

「冨樫義博」というネームバリューで勝負している感が否めず、かなりうす口の漫画家日常作という感想。

でもこの感じだったとしても、好きな漫画家さんのアシスタントからみた作品が出たら読みたいのは事実。つまり、冨樫信者のみが楽しめるということだ

ハンターハンター連載中の様子なども知りたいが、味野氏が携わっていないため、あくまで初期の富樫氏ということをお忘れなく。

先生白書

先生白書

味野くにお
733円(09/28 11:19時点)
発売日: 2017/09/29
Amazonの情報を掲載しています

-漫画・アニメ・クリエーター
-, , ,

© 2020 面白い漫画.COM