囲碁・将棋

「3月のライオン」は近代漫画の結晶

3月のライオン

出典:Amazon

総合評価 S (殿堂入り)

3月のライオンがおすすめな人

  • 将棋に興味がある
  • 人間ドラマが好き
  • 白熱の対局シーン

ここまで3月のライオンがウケ続ける理由は、「愛」と「優しさ」の表現が素晴らしいからだ。文句のつけようのない人間ドラマやストーリー、個性溢れるキャラたちの化学反応が素晴らしい。

将棋に興味がある人はもちろん、全く将棋をスルーして読んだとしてもハマってしまう面白さ。漫画のレベルは上がり続けているが、本作は近代漫画の結晶とも言えるほどの出来栄え

失礼ながら「漫画でここまで表現できるのか」と思ってしまったほどだ。男女問わず万人ウケする作品が少ない中、3月のライオンは自信を持っておすすめしたい。

「3月のライオン」が近代漫画の結晶である理由

©3月のライオン 白泉社

話は逸れるが「近代漫画の結晶」とは、競走馬のディープインパクトが3冠を達成したときの実況から取っている。※ゴール時に「世界のホースマンよ見てくれ。日本近代競馬の結晶だ」が馬場鉄志によって叫ばれたことで有名。

過去の日本競馬との決別、新しい日本競馬を象徴するフレーズとして使われた。3月のライオンもまた、これまでの漫画のイメージを覆していく作品になっている。

「子供が読むもの」というイメージは、本作のような作品が変えていくのだろう。なぜそこまでハイレベルなのか。近代漫画の結晶である理由を述べたい。

絵柄からは想像できないほど深い人間ドラマに触れていく

まず作者は少女漫画で有名になった漫画家である。個人的に、絵柄はさほど好きでないというか。少女漫画を読まないので、ふわふわしたような、そんな特徴を受け止めきれてない私もいる。

ただ、この絵柄からは想像できないほどに「ドラマ」が作中で展開されていく。主人公・桐山が幼き日に両親を失ってから生きていく中で出会う苦悩。

桐山が世話になる川本家の事情。将棋の世界を生きるためにがむしゃらに食らいつく棋士たち。また彼らをサポートする教師や仲間。

「これ本当に原作は漫画ですか?」と思わず聞いてしまいそうになるほど、よく出来た人間ドラマ作品なのだ

みんな平気な顔で、当たり前のように生きている。だけど、個人個人が抱える悩みや生きづらさ。葛藤など描写がとても鋭く、人として考えさせられる内容に感服するばかり。

ツイートを掲載しているがこの意見に同意。道徳の教科書として、学校で配布されてもいいと思っている。正解のない答えを模索していくことのすごさを感じた。

いじめ問題と解決方法

川本家の次女・ひなたはイジメに遭う。このイジメはリアルで、どの学校でも実際に起こっていてもおかしくない。いや、起こっているであろうと思わせるリアリティで表現している。

解決するためにどうすればいいのか。イジメ問題に答えは無く、泣き寝入りだったり、加害者をひたすら怒って事を収めるのが精一杯ではないだろうか。

ただ、本作はそんなイジメ問題に対して、「考えさせられる言葉」が投げかけられる。ネタバレになるので詳しい内容は書かないけれど・・。邪道だが5巻から読んで、この問題について考えるのもありだろう。

イジメ問題は、誰かに頼ることだったり、また戦うことだったり。すごくシビアで難しい対処が必要だと思うが、個人的には本作の流れは一つのケースとして学校現場で広まるといいのではと思う。

この問題だけでずっと語れるほど、密度のあるストーリー展開だ。

対局の表現シーンは見どころしかない

将棋漫画なので、自然と対局シーンも組まれている。ただこの対局もよく考えられていて、勝負に向かう上で負けられない棋士たちの思惑や、生き様といった背景描写がいい。

この勝負の場面が面白く、人と人が盤上で自分の人生を賭けて戦うのだ。主には桐山にたちはだかるライバルたちの話になるが、将棋の内容よりも人物にフォーカスして戦うため読み応えに繋がっている

盤上に作り出す世界観や、その人にしか指せない将棋を数話に分けて描くが、パターンになっているのに全く飽きない。そこには、「真剣勝負」をいかに表現するかという工夫があるからだ。

1巻ごとに読みごたえと感動を与えてくれる本作に感謝。

3月のライオン (1) (ヤングアニマルコミックス)

3月のライオン (1) (ヤングアニマルコミックス)

羽海野 チカ
513円(10/01 19:23時点)
発売日: 2008/02/22
Amazonの情報を掲載しています

-囲碁・将棋
-, ,

© 2020 面白い漫画.COM