囲碁というマイナー競技に社会現象を起こさせた『ヒカルの碁』の名作ぶりに感動!

ストーリー、ジャンル

小学6年生の主人公・進藤ヒカルは幼なじみでヒロインの藤崎あかりと共に祖父の家にある倉を物色していた。その際に発見したのは血痕のついた古い碁盤。そしてこの碁盤に宿っていた平安時代の天才棋士・藤原佐為の霊に取り憑かれる事となる。藤原佐為は「神の一手」を極めるため現世によみがえった。

霊であっても、ヒカルに指示する事で碁が打てるため佐為がせがむ形でヒカルが碁を打つことになり物語りは始まる。ヒカルには囲碁に関する知識が全く無かったが、佐為との出会いによって囲碁の面白さに気がつき、ライバルの塔矢アキラらに影響を受けプロの世界を意識するようになる。

ヒカルは五目ならべしか出来ない初心者からのスタートになるが、これが読者も初心者視点から楽しめる形の布石となっている。ちなみに佐為はヒカル以外には存在していることがわからない事を前提にストーリーは進む。少年ジャンプに登場後、囲碁人気に火がつき、多くの子供たちが囲碁を始めるきっかけとなった社会現象は有名

「佐為の碁」という展開が「ヒカルの碁」に変わっていく過程が秀逸

「お宝ブームなので高く売れる」と、いきなり作品の冒頭で碁盤を売ろうとしている少年がいた。それが進藤ヒカルなのだけど、それくらい囲碁に対して関心の無い主人公だったからこそ読者である私はスムーズに作品に入り込めた。どんな作品にも言える事だが、知識を持っている前提か、持っていない前提かは重要だ。

しかしこの「囲碁ってどう打つの?」という状態から、「囲碁って面白いよね!」までの状態に持っていけたのは作り手の才能だ。読み進めるほど「初心者設定だから入り込みやすかった」という安っぽい評論が出来なくなるのがわかる

というのも主人公・ヒカルを囲碁初心者に置きながらも、周りに現れるのはガチガチの囲碁ファンだったりプロ棋士だったり。そして碁を打てる「碁会所」という囲碁教室も用意されている。すなわち「読み手が囲碁の世界に入るのは必然的」というべき環境設定がすでに1話目から完成していたのだ

違和感無く初心者を囲碁界に導く展開は素晴らしいのひと言。そして話を面白くしているのはライバルの存在だ。序盤のヒカルは初心者もいいところで、本当に弱い。しかしプロ棋士までヒカルに関心を持ち挑戦してくるのは、ヒカルの身体を借りて碁を打っていた「佐為の碁」に注目していた事に他ならない。

最初はヒカルも当然ながら「こうなるよな」と理解は示していたのだけど、ここからヒカルを伸ばす為の話の構想も素晴らしかった。この佐為に執着してやってくる棋士たちの目を、ヒカル自身が「自分に向けたい」と思うようになる。「佐為の碁」から「ヒカルの碁」へ変化する瞬間だ

「佐為のように打ちたい」という思いはヒカルの強い成長欲求へと繋がる。「佐為とライバル棋士」の間に身体だけ貸していたヒカルがカヤの外という孤立感は凄かったと思う。自分も打てるのに、自分に関心を持たれないのは辛かったのだ。ヒカルが佐為やライバルを追いかけ成長する展開は、ジャンプの王道展開で大人もハマること待ったなし。

少年誌では珍しい「静かなる闘い」もヒカ碁の魅力

少年誌というのは青年誌に比べて分かりやすい闘いが描かれている。アクションで蹴って殴って戦う物もあれば、超能力で相手にダメージを与えるなど「視覚的な闘い」に重点を置いてある作品が多い。

それに比べてヒカルの碁は、ゲームの性質上そういった見た目ではっきり理解できる戦いはない。囲碁の解説などが入るが、それでも限界はある。

しかし囲碁という静かな対局をフルに活かした描写は多く見られる。「一手のミスが命取り」といった緊迫感があり、そこには子供であっても即座に固唾をのんで見守るしかないのだと理解させるだけの説得力がある。これは、ほったゆみ氏の構想に小畑健氏の描いた描写がマッチしたからこそだ。

ヒカルの碁には、「碁は一人では打てない。1人の天才だけでは名局は生まれない。等しく才たけたつ者が2人要る。2人揃ってはじめて神の一手に一歩近づく」という名言があるが、まさに本作もほった氏と小畑氏の天才が揃って完成した名作と呼べる。

サブコンテンツ

このページの先頭へ