戦慄の恐怖レベル”MAX”のホラーサスペンス『ミュージアム』

ストーリー、ジャンル

本作は猟奇殺人によるあまりにもムゴイ描写が使われているため、「超戦慄猟奇サスペンスホラー」として注目が集まった。サスペンス漫画として読みたいと思った時に、「グロ残酷系」に耐性があるかだけ個々で判断して読んでもらえたらと思う。

主人公で刑事の沢村が呼び出されたのは、古ビルでの女性殺人事件だった。被害者女性はビルに監禁されていたのだが、監禁場所に腹をすかせた犬を放たれ食い殺された状態。犬の胃袋から見つかった紙には「ドッグフードの刑」と書かれており謎が残る。そして現われたカエル男も逃がしてしまう。

次から次へと猟奇的な殺人が繰り返され、犯人は同一犯と推定。捜査を進める中、被害者たちには共通点がある事が判明する。この共通点には、沢村の妻も含まれており事件に巻き込まれるという展開に。謎に満ちたこの猟奇サスペンスの行方は目が離せない。

紙に書かれた「~の刑」がシンプルに怖い

この作品を語る上でスルー出来ないのは、「~の刑」という犯人の勝手な”私刑”になるだろう。冒頭で書いた「ドッグフードの刑」を皮切りに、次から次へと「~の刑」が執行され読み手にプレッシャーをかけてくる。

可笑しい話だが、フィクションとして自分に実害が起こるはずもないとわかっていながら、迫りくる恐怖の煽りに押される私がいた。「母の痛みを知りましょうの刑」や、「均等の愛の刑」などさらりと書いてくれるな!と思うほどアッサリと人が惨殺される気持ちの悪さたるや・・。

作者の描くタッチがそのままサスペンス・ホラーにマッチしており、さらには殺害現場や何かが起こりそうな場面での”間”も上手く使っているのはさすがだ。心理的にはホラー映画を観ているような感覚にまで落とし込まれる。

沢村の家族にも犯人の牙が向けられるが、この頃になると読者も沢村視点になっているので感情移入したくなくてもさせられる。こうなると、あたかも「自分の身内が殺されるかもしれない・・」という恐怖に繋げられていき秀逸な展開を見せつけられる事に・・・

沢村の家族が消えた時に「お仕事見学の刑」の紙が残されていたのには、たまらない気持ちになった。背筋がゾッとしたり、不安になったり、イライラさせられたり。冷酷な犯人を追いかけたいという気持ちで読み進めて、あっという間の3巻終了という印象。

サスペンス漫画のジャンルを超えて名作だと私は人に語っている。

こんな人にオススメ

残酷、グロに耐性があれば問題なし。刑事・沢村が犯人を追うストーリーも素晴らしい。沢村はこの事件に巻き込まれるまで、家族を大切にしていなかったがそんな時に事件が起こる設定も良く出来ている。沢村が落ち込んだり、後悔するシーンを読者に上手く伝染させているのは巧妙だ。

ラストについては賛否が分かれているみたいだが、結局のところそれだけベストな終わり方を読者も追及したという証明でもある。私は特に違和感もなく楽しめたので良かった。巴亮介氏は才能とセンスに満ちた作者として期待したい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ