格闘

「軍鶏」こんなに共感できない格闘漫画の主人公って他にいた?

軍鶏

出典:Amazon

総合評価 C (まずはお試し読みで判断)

軍鶏がおすすめの人

  • クズ人間の話が読みたい
  • 女性が読めない作品がいい
  • 現実味のある格闘バトル作品が好き

「こいつは本当に酷い」という主人公はなかなかいない。漫画に限らず、物語の主人公は読者が共感できるポイントを何かしら持っている。ヒーローでなく、本当に悪のダークヒーローでもだ。

しかし本作の主人公は違った。やってることが極悪極まりなく、育った環境を考慮しても擁護しきれない

そういう視点で読んでもらうと、珍しい作品とも言える。悪いやつに徹しきろうと思ってもどこかブレるからね・・。クズ人間の話に抵抗がなければぜひ目を通すと良い。

「軍鶏」のストーリー

©軍鶏 講談社

両親を殺したことで少年院に入ることになった主人公・成嶋亮(リョウ)。待っていたのは残酷なイジメ。この出来事をきっかけに、体育教官より空手を習う。強くなり生き抜くために。

少年院の出所後は、暴力に明け暮れ裏社会の人間として生きていた。そんな中、ショービジネスとしてスポットライトを浴びる格闘家・菅原直人の存在を知る。

以降、格闘をテーマにライバルたちと戦う展開が繰り広げられる。

少年院編から始まるエグさは序章に過ぎない

本作は、〇〇編といった具合にストーリーが流れていく。その中でも、物語の序盤である少年院編は衝撃的。読者の好みに合うかどうかの試金石となる

少年院に入った瞬間に、「あ・・関わったらダメな奴らがいる」という空気感が漂う。他の院生たちの顔つき、風貌がもうワルなのだ。結局彼らにいじめられ、リョウはレイプされるなど悲惨な思いをする。

描写はもちろん、逃げたくても逃げられないという精神的な追い込みもきつい。心を殺されそうなリョウは、空手を習うようになるがここから変わっていく。

ただこれ、序章に過ぎなくて。リョウそのものがクズ人間のお手本のような存在となり、主人公なのに救えない悪になるんだよね(汗)

少年院を出て早々にライバルになる菅原というキャラがいる。そんな菅原の彼女をレイプする場面もあるが、とにかく胸糞悪いしエグいという表現が似合う。

漫画と割り切って男性は楽しめる部分もあるかと思うが、女性には率先しておすすめはできないな・・。

格闘シーンや絵は上手いが、ストーリー展開はチグハグもあった

格闘シーンは絵も上手く現実感ある戦いのため、読み応えは確かなもの。格闘なので画力がないと、迫力の無さで飽きることもあるが、本作はそういった絵面の心配はない。

ただ、ストーリー展開にはチグハグ感があった。もちろん、好みもあるので分かれるだろうけれど。私としては、少年院編からリーサルファイト編に流れる展開は最高に面白いと思った。

しかし、その後も〇〇編といった戦いがあるのだけど、インパクト勝負でやってきた分、どうしても微妙に感じたかな。

理由は分からないながらも、原作者と作画の関係でトラブルもあったようだ。原作は連載当初に大雑把な原稿だけだったらしく、それから続けていたならチグハグ展開も納得してしまうというか。

作品としては面白いので、作り込まれた原作がもし存在したら・・と考えてしまう。格闘漫画なので、バトルしてくれればそこまでストーリーは無くても読めるのだけど。

序盤からストーリーで読者を魅了するタイプの作風だったので、転調するというかペースダウンしたかなという印象

「正義や愛のために戦う」といった綺麗事ではない面白さ

格闘マンガは何かしら戦いに意義を見出しているのが通常だが、本作では「正義」とか「愛」とか「誰かを守りたい」とか。ありがちな展開で構成されていないのが良い。

格闘技そのものが、人を傷つける要素満載なので、綺麗事で包まないといけない側面があるのは分かりつつも。その点では、本作は必ずしも美しくはない。

生きていくため、殺されないため。そんな動機から始まるダークヒーローの戦いに興味がある方に向いた作品。こんなに共感できない格闘漫画の主人公って珍しいよ(苦笑)

極厚版『軍鶏』 巻之壱 (1~3巻相当) (イブニングコミックス)

極厚版『軍鶏』 巻之壱 (1~3巻相当) (イブニングコミックス)

橋本以蔵, たなか亜希夫
1,018円(09/28 12:52時点)
発売日: 2011/06/23
Amazonの情報を掲載しています

-格闘
-, , , , , ,

© 2020 面白い漫画.COM