金融関係

「インベスターZ」株・投資初心者への必読バイブル

インベスターZ

出典:Amazon

総合評価 B (ふつうに面白い)

インベスターZがおすすめの人

  • 株、投資に関心がある
  • 社会の仕組みを学びたい
  • お金が好きな人

社会の仕組みの中でも、お金の流れは簡単なようで複雑だ。特に株や投資といった、金融商品の話になると大人でも理解しづらいのが現状。騙される人も後をたたない。

そんな難しいイメージを持たれがちな株や投資に対して、シンプルな形で解説しつつ、漫画として娯楽に変えたのがインベスターZだ。

株の投資を考えている人や、資産運用といった財テクに関する知識を増やしたい人にはおすすめ。全くの無知で、これから何かやろうとしている初心者には必読バイブルと言っても過言ではない。

「インベスターZ」のストーリー

全国屈指の学業成績を誇る道塾学園。入試満点で入学した主人公・財前孝史は投資部に入部する。この道塾投資部の部員たちは、学校の運営資金を投資で稼ぎ出していた。

財前もまた、この投資部の中で勉強を重ね、様々な試練にぶち当たっていく。株式やベンチャー企業への投資。保険や不動産といった、金融に絡む内容を幅広く取り上げている。

実在人物として、堀江貴文氏や、前澤友作氏などを筆頭に著名な実業家も登場するエピソードも。お金に関する話に興味があれば、誰が読んでも面白い。

投資における心理描写を上手く描く

©インベスターZ 講談社

金融に関するハードルとして、「自身のお金が減るかもしれない」というプレッシャーとの戦いがある。この心的ハードルにより、学ぶこと無く投資を毛嫌いしている人も多い。

実際、投資してお金が減ればストレスだし、どういったところで損切りすればいいのか分からない。こういった精神的な部分を、主人公の財前を通して見ることが出来るのが良い。

財前は全く投資経験もなく、いわば読者側に立つ完全なる素人。お金が減ることや、株価が下がることに対する恐怖。また、上がっていく高揚感などが、場面に応じて描かれるため一緒になって楽しめる。

私も読んでいて、同じ立場なら財前のように心穏やかにいられないだろう・・と共感。投資における心理描写をこれでもかというくらい漫画描写でねじ込んでおり、初心者や素人目線を崩さないのが読みやすさの秘密

「不動産」や「生命保険」といった金融商品への知識も深まる

「投資をしないから自分には不要だ」という人もいるかもしれないが、株を買っていないだけで家を買ったり生命保険に加入している人は多いだろう。

特にマイホーム購入、生命保険への加入など、投資と思っておらず、誰でもやるものと考えている人もいる。

私も本作を読んでいる最中に、弟が生命保険に加入していたこともあり、作中で出てきた話は役に立った。受け売りだが、弟に説明したことで無駄な保険を避けることができたのだ。

金融知識というのは、我々が思っている以上に複雑で分からないことが多い。そういった手をつける部分すら分からない分野に、一つの指針として存在する本作のありがたみは深い。

マイホーム購入なども含め、投資と思わせない投資が日常には溢れていることに気づくべきだ。金融商品への知識は、いつの時代も失われることのない財産となる。

インベスターZ(1)

インベスターZ(1)

三田紀房
550円(09/27 19:16時点)
発売日: 2013/09/20
Amazonの情報を掲載しています

-金融関係
-, , ,

© 2020 面白い漫画.COM