“働きたくないでござる”の元ネタは超名作だと知っていますか?『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』

ストーリー、ジャンル

時は幕末の動乱期。京都に”人斬り抜刀斎”と恐れられた志士がいた。彼の名は緋村剣心。人を斬って生き抜いたその姿はまさに修羅。明治という新時代を開拓するためだけに戦ってきた剣心は、動乱の終わりと共に人々の前から姿を消す事になる。やがて幕末の動乱の中に生きた”人斬り”は伝説の存在として後世に伝わる事となるが・・。

そんな伝説の”人斬り抜刀斎”も、明治維新後は人を斬る事をやめる。腰には逆刃刀(峰と刃を通常とは逆にした刀)を携え、「不殺(ころさず)」を誓い流浪人として全国を旅していた。

この物語りは、旅の過程で神谷薫を始めとした新しい仲間との出会いに始まる。また剣心と同じく激動の時代を生きた宿命の敵との戦いが描かれている。剣心は過去を振り返り、「人斬りの時代」と「新時代を生きる今の自分」に対し常に問いかけながら生き方を模索する。

本格派の剣客アクション作品。剣術バトルを主軸とした壮大な展開は必見。

終わらせたくても終わらせてくれない”人斬り”の宿命

剣心は新しい時代を生きようと必至だ。何もかも斬って終わらせていた過去とは決別し、流浪人として生きていた。しかし、一方的に昔を忘れようとしても忘れさせてくれない奴がいる。足を洗いたいけれど簡単に抜けられない不良やヤクザの世界のようだ。それが”人斬り抜刀斎”として幕末の動乱を生きた人間の宿命にもなっている。

「もう誰一人殺さない」と誓う剣心に対して、「昔のあの頃(幕末)に戻ろうぜ!」と腕に自信のある者たちが次々と名乗りを上げて戦いを挑んでくる。

「ただ戦うだけで良い」と喧嘩を吹っかけてくる者もいれば、狂気に満ちた”人斬り剣心”を引き出そうとする者もいる。本気になって貰えないのなら・・と剣心の仲間を殺しに掛かる者もいて厄介だ。

時には怒りの感情で我を忘れて、人斬りモードに入ってしまう剣心も現れるが、そんな過去に戻りそうな彼を止めようと必至になる仲間たち。俗にいうバトル漫画によくある「ぶち切れモード」のキャラクターを求めるのは読者の欲求だと思うが、私の場合は剣心には求められなかった

彼は過去と決別するために苦悩していたが、人を斬る事でしか生きられなかった時代はもう終わっている。新しい時代には、新しい時代の生き方がある事を剣心にもあるのだという気持ちで読んでいた。昔の悪い仲間がやってくるが、我を忘れずに戦い続ける姿は素直にカッコいい

和月伸宏の画力が生み出した”神速”

本作に登場する剣術にはそれぞれに流派が存在する。剣心の場合は”飛天御剣流”と呼ばれ「剣の速さ」「身のこなしの速さ」「相手の動きの先を読む速さ」という三つの速さが求められる。これらを神速でこなす事で、複数の相手を一瞬で倒せるという殺人剣なのだけど、その速さが画力によって際立っているのが分かる

1対1の場面は去ることながら、大勢の敵を蹴散らす描写は爽快感すら読者に抱かせる優れモノ。「何がどう凄い」を説明されなくても、絵を見ただけで凄い事がわかってしまうから”るろ剣”は面白いのだ。

読者の目に一度でも焼きついた”神速”は中毒性がある。1巻からこのスピーディかつ大胆な攻撃に魅せられる事になるが、もう後戻りはできない。次から次にやってくる強敵とのバトルが楽しみで仕方が無くなること間違いなしだ。

 

こんな人におすすめ

総合的にいうと、バトル漫画が好きなら読んでおいて損はない。特に剣術の戦闘アクションが好きな人にはゴリ押し。大切なモノを守るために戦う剣心はもちろんカッコいいが、脇役たちのストーリーなども本当にどれも読ませるものばかり。

剣心の事ばかり紹介してきたが、本作の面白いポイントは悪いはずの敵さえも「そうならざるを得なかった過去」があるという事。剣心に突っかかってくる敵たちが、ただただ悪い連中だけでも無い事が多いところは考えさせられる部分だろう

「何が悪なのか?」という哲学的な事を考えるのが好きな人なども私は向いていると思う。ネットでは「働きたくないでござる」のコラが定番ネタにされているけど、実はすごい名作漫画なんだよという事を若い世代には伝えたい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ