熱血教師と不良球児の夢は甲子園『ROOKIES(ルーキーズ)』

ストーリー、ジャンル

主人公は、二子玉川学園高校へ赴任してきた新人教師・川藤幸一。そんな赴任してきたばかりの川藤にはさっそく仕事が待っていた。不良たちの溜まり場となった野球部監督になる事だ。

教師の誰もが落ちこぼれとしか見ない野球部員たちを、川藤は自らの指導方針を信念に掲げ不良たちにぶつかっていく。始めは川藤の熱血ぶりが鬱陶しかった不良部員たちは、1人・・2人と更生し野球部に戻っていく。ほとんどの部員が野球素人であったが、「夢を持つ事」をテーマに甲子園を目指し奮闘する学園野球漫画

しかし、彼らの過去には因縁が残っていた。野球部員たちの起こした不祥事や、川藤自身も以前赴任していた学校で生徒に重傷を負わせる問題を起こしていた。青春の軌跡を描いたスポーツドラマにどのような展開が待っているのか。

教師・川藤がクサくて熱い!

 

熱血教師として生徒にぶつかる川藤の姿がいちいち眩しい。夢を持たず、ただただ時間が流れて行くだけの不良たちに川藤は一切のダメ出しをしない。むしろ彼ら不良たちの事を全面的に肯定するので、これまで他の教師から蔑ろにされてきた不良生徒たちは混乱してしまう。

不良たちは川藤の言動を「俺たちを更生させる作戦だ」と警戒するも、川藤が素でクサイ台詞を言ったりする事に気がつき始める。頻繁に出てくる川藤の名言に「夢にときめけ!明日にきらめけ!」というメッセージがある。これらの言葉が川藤のまっすぐな教師ぶりを演出しているが、読んでいて恥ずかしくなる場面も多々ある。それくらい熱い男だ。

リアルタイムで読んでいた当時の私は高校生。不良ではないが夢も何も持っていなかったので、何となくこういう先生がいると楽しいのだろうなと心を打たれた。落ちこぼれ生徒を偏見の目で蔑まない熱血教師は、見ていて清々しさすら感じさせてくれる。

 

不良モノで終わらない!試合も白熱の描写で熱くなる!

「熱血教師と不良生徒のやり取り」だけがメインに展開されるわけじゃない。作者の森田氏の描くスピーディかつ軽快な動きが素晴らしい。高校球児たちは躍動感に溢れている。試合になると、不良モノという事を忘れるほど「野球漫画」に変わってしまう。勝ち負けの展開も予想させない面白さは必見だろう。

初期の草野球状態のグダグダ感から、後半の締まったプレーにシフトして行く場面を見るとなお分かりやすい。しっかりと野球が出来るようになっていく彼らは、まさに甲子園を目指すためのプレーを魅せる。教師と生徒のドラマが苦手な人でも読めてしまうのが本作の面白いところだろう

こんな人におすすめ

グダグダ野球部→仲間が集まり始める→草野球レベル→徐々に上手くなっていくという段階を踏んでいく作品なので、いきなり野球バリバリの展開が見たい人には薦められない。ただし、どんどん川藤が変えて行く野球部の様子や、それに伴ってついてくる生徒の心情を読んでいると本当に応援したくなる仕掛けになっている

不良球児らしく、他校の生徒と揉めて喧嘩が勃発しそうになったり、暴力という手段に出る事などもある。真剣に応援している読み手にしてみれば「なんでそんな事をしてしまうんだ!」という期待を裏切られた感も出てくるが、一筋縄ではいかないというストーリーが好きな人にはそれ込みで楽しめてしまうだろう

サブコンテンツ

このページの先頭へ