速球だけがピッチャーの魅力じゃないよ?「おおきく振りかぶって」

ストーリー、ジャンル

主人公の三橋廉は中学時代、祖父の経営する群馬県の三星学園野球部でエース投手だった。しかしチームメイトからは『ヒイキ』と疎まれる存在。それゆえに極端なほど自己評価を低くみる暗い性格を背負っていた。そんな三橋は、過去の暗い思いを払しょくするため西浦高校へ進学する。

西浦高校には、まだ発足したての野球部しかなく、部員もわずか10人。しかも監督は若い女性である百枝まりあ。部員不足の影響もあり、三橋はまたもエースという大任を任される展開になる。

しかしここで、三橋とバッテリーを組む捕手・阿部隆也との出会いが三橋の才能を引き出す事になる。球速こそ目立たないが三橋のストレートの特異性、抜群のコントロールは武器となっていく。ジャンルは高校野球マンガ。

野球の本質に触れながら楽しめる

この野球漫画の特徴は、バッターとバッテリーの駆け引きの面白さにある。野球に関心の無い人にはわかりにくいが、基礎的な配球の組み立てがリアルに再現されており勝負の場面で思考する選手たちの頭が丸裸状態。いうなれば野球の本質を固めている解説付き

好みはあると思うが、この配球の組み立ての細かさが果てしない野球の深みへと連れて行ってくれる。阿部の存在は大きく、三橋というピッチャーがどのように成長して行くのかを直に見ている感覚になった。三橋は物凄く自分を卑下しているが、まったくそんな事をする必要のないピッチャーだ。自信が無いのは環境に左右された面も大きい。

なによりストライクゾーンを9分割してコントロールできるというのは、如何にも漫画らしい設定だがそれが出来るというのが三橋の最大の武器である。「失投で打たれる展開が無い」と安易に予想できるほど、針に糸を通すようなピッチングを三橋が魅せてくれる。

そして個々の選手の抱える主張にも注目して欲しい。本当に三橋くらいだと思う。キャッチャーの指示に従い続けるという主張の無さは。もちろん、キャッチャーが優れているからこそ、ただ「投げる」だけを忠実に守っている。そんな三橋も内心では言いたい事もあるが、言えない性格というのもポイントだ。

その他の選手は当然ながら各々の想いがある。目指すべき舞台のある選手や、ライバルをどうにかしたい選手。球児たちの想いをまとめあげる女性監督の存在も輝いている。”野球”というチーム競技の戦略論などが至る所に散りばめられていて、高校野球などを何となく見ている人にはかなり面白い仕掛けになっている

こんな人にオススメ

高校野球が好きな人、また選手たちが何を考えてプレーしているかあまり知らない人なども楽しめる。私も野球ファンであるが、おおよその事しか知らなかった。配球論も、何となくわかっていたようで本作を読む事で「あぁ、なるほど」と関心させられたものだ。

高校野球が放送される「夏」の舞台裏ではこんな事が起こっているのかという知識がどんどん増える。読めば読むほど読者にも球児と同じ成長が待っている。「高校球児に求めるモノ」として熱さや必至さが定番に上げられるが、それらが詰まった作品を読んだ記憶の無い方はどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ