10年監禁された男が過去に挑む『オールドボーイ ルーズ戦記』

 

ストーリー、ジャンル

主人公の五島慎一は、平凡な日常を過ごしていたが突然何者かに誘拐されてしまう。以後10年にも渡りとあるビルの個室で軟禁されていた。一体だれが軟禁したのか。なんのためにこんな事をしたのか。

軟禁から解放された五島は、自分がなぜこんな目に遭わねばならなかったのかという理由を知るために犯人探しに奔走する。五島は10年の軟禁を受けてしまうほど個人的な恨みを買った記憶も特に無い。五島の執念、そしてその五島を軟禁してまで追い詰めたかった犯人の過去も必見

ミステリー感を漂わせる描写はグイグイ読者を引き込む物がある。常人なら心が折れてしまいそうな場面も、ハードボイルドに描かれる五島は奮闘する。

謎に満ちた「監禁の理由」が読者を煽る

物語りの早い段階で、五島と軟禁した犯人は接触する事になるが、重要な「軟禁の理由」は最後の最後まで語られる事はない。この作品の煽りは非常に上手く、犯人による五島への執念が回を増すごとに増加しているような描写が見える。怒り、憎しみ、恨みといった様々な負の感情が表現豊かに展開されていた。

この事件は、特に他者に危害を加えたり、恨まれるような人物でなかった五島だからこそ悩まされる。五島はどんな事をして犯人から恨みを買ったのか。それは読者も考えれば考えるほどに、気になって仕方がなくなるように作られている。ミステリアスな空気感が好きな人にはたまらないだろう。

用意周到な犯人は、常に五島の先に周り仕掛けを用意していたりと、「さすがにそれはリアルでは無理だろう」という少々の現実離れしたやり口を用意。たとえば、監禁解放をしても五島の体内に場所を知らせるチップが埋め込まれていたなど。それを言いだすと10年の軟禁も突っ込まれるが・・。

こんな人におすすめ

内容そのものはミステリー、サスペンス調なのだけど、頭脳と心理を駆使した戦いが主軸と捉えて頂きたい。犯人は「ゲーム」と称して五島に対して挑戦し、そのゲームを五島も受けている。この犯人の「五島を狙う理由」というゴールに向かって、考えながら読む事ができる人には楽しさに溢れるだろう。

ただし、ひとつだけ気をつけたいのはラストは万人受けされるものではないと言う事。謎の答えは、ラストの1話を読めばわかるくらいアッサリしていた。このラストをどう捉えて行くかは読者次第。形的には勝者が決まるが、エピローグを読む事で読者側でこのゲームにジャッジを下すような内容とも取れる。

「浅いようで深い。深いようで浅い」そう感じさせる作品だった。人の生きる過程で感じる事など、哲学的な要素も含まれているように思う。

サブコンテンツ

このページの先頭へ