作者をスタンディングオベーションで迎えたい『四月は君の嘘』

ストーリー、ジャンル

天才ピアニスト少年として将来を期待されていた有馬公正(主人公)は、母親が亡くなった事で突然にピアノが弾けなくなってしまう。母親とピアノの密接な関係が心理的トラウマとなってしまい、公正はピアノに向き合うと音が聞こえなくなってしまった。それ以降、公正はコンクールを中心とした表舞台からは姿を消してしまう。

彼は本当にもう弾けないピアニストになるのか・・。

そんな矢先に現われたヴァイオリニストの宮園かをり(ヒロイン)が、演奏家として公正を奮い立たせピアニストの道に連れ戻そうとする。本作はピアノ演奏を通して競い合うライバルたちの白熱した熱気や、仲間との友情や恋物語が心をえぐる。ピアノ演奏を主体とした本格青春ストーリー作品。

豊かな心理描写が読者を引き込む

登場してくる少年少女らの心理描写は作品を盛り上げる。音楽を通して巻き起こる勝負への執着心、負けた時の悔しさ、恋心のまどろっこしさなどが細かく描き出されており秀逸。

特にライバル演奏者たちの公正に対する執着心は並大抵のものではない事がひしひしと伝わって来る。有馬公正という天才ピアニストを追いかける事に全てを注いできたライバルたち。彼らの存在によってより”上手く弾けなくなった公正”を応援したい気持ちが揺さぶられる。読者も、登場キャラも一丸となって有馬公正の復活を本気で願う事になる

ライバルキャラにとってピアノコンクールは公正がいてこそ成立するもの。彼らに取って「公正がいなくなれば勝ち」では無く、「ベストな状態の公正を倒して初めてナンバー1」という認識を持っている。演奏家としてお互いが高め合う姿勢が素晴らしい。切磋琢磨する彼らに読み手は心を打たれる事だろう。

 

あれ?漫画なのに音が聞こえてくるんじゃね?

正直なところ私は音楽に無知である。しかし本作を読んでいると、「おそらくこんな曲を弾いているのだろうな」と音が流れているように感じる場面がある・・漫画なのに。公正をはじめ、演奏家たちが奏でる描写は非常にインパクトを残す。どの場面もとても素晴らしく、人の心に訴えかける画力が作者にあるからこそだ。

特にはっきりと「漫画の音」を意識したのは序盤。有馬公正と宮園かをりのセッションシーン。読者を物語りに釘づけにするには最高の舞台で、演奏描写に対する徹底したこだわりを作者から感じ取った。作者もまたアーティストである事に変わりはない

作中しばしば観客がスタンディングオベーションで演奏者を迎える場面があるが、まさにその通りで読者側としても最高の拍手を捧げたくなる。そして、見事に描き切る作者にも同時に拍手を送りたい。

 

総評

読後の感想をひと言で伝えるならば「こんなにドラマ性に溢れた『嘘』には滅多にお目にかかれない」という感覚だ。

このタイトルにある「嘘」は色々と予測しながら読めるが、それでも最終話までわからないだろう。タイトルの伏線を最終話できっちり回収して読者に衝撃と感動を残す事になる。ベタな表現になるがハンカチのご用意を。「泣ける系」が好きな人がこれを読まず何を読むのかという仕上がり。

感動をプッシュしてはいるものの、ここで注意が必要なのは私が「泣かせる系」と「泣ける系」の違いを理解して本作を紹介していると言う点だ。本作は後者に当たる「泣ける系」作品として評価している。作者自身も最初からラストを見据えて描いているであろう為、物語りの道中には無駄に感動を煽る表現がなく全ての話が自然展開されている

全11巻とミドルストーリーなので、あまり時間の無い人でもサクッと読めてしまう。音楽漫画として演奏描写も多いので、活字を読む量も一般コミックよりは少ない。

しばらく感動していない人や、指先まで細かく描かれた音楽演奏、学園生活モノが好きな人は手に取って間違いはない。何度読み返しても、心に響く名作として語り継がれて行くだろう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ