優柔不断なオトコに”東城綾”は反則だよな!『いちご100%』

ストーリー、ジャンル

中学3年の主人公・真中淳平がある日、学校の屋上にいたところで「いちごパンツ」の美少女を目撃した。謎の美少女の正体は、東城綾という地味な女の子。彼女は普段、メガネをかけているため気がつかなかったのだ。

そんな東城の存在を知らない真中は、学年トップ美少女と言われる西野つかさが「いちごパンツ」の女の子だと思い込み交際を申し込む。見事に真中の想いは届き、西野との交際が始まった。しかしここに来て、探していた女の子が実は東城だった事を知る真中。

勘違いを悔みながらも、本当に好きなのは誰なのかと奮闘する青春ラブコメディ。真中は普通の男子学生だが、気がつけば女の子たちに囲まれ、逆に美少女たちをヤキモキさせるといった展開に発展していく。

東城綾は菩薩(ぼさつ)です

 

最初は、「真中を中心にして東城と西野アリ」というダブル美少女ヒロインという図式。しかしこれだと2強で面白みも何ともない。そこで上手く入り込んでくるのが、北大路さつき、南戸唯といった女の子たちだ。彼女らを筆頭に美少女メンバーはまだまだ増えハーレム化していく。

彼女らの存在は真中のためにあるのでは無く、”読者を喜ばせる為”に描かれたように思う。ヒロインを増やし過ぎではないかと思うところだが、どの美少女も作者の河下水希氏がきっちり個性を作り上げており問題はない。登場する美少女の誰かには好みのキャラが該当するはずだ。

それにしても真中だよ・・真中。優柔不断なのは仕方が無いとして、真中に好意を寄せて傷つく女子の多い事・・。ハーレムラブコメなので現実的にありえない事なのだけど、傷ついたり涙する女の子のシチュエーションは見ていて悲しかった。それでも健気に真中を見守る女子たち。東城の言葉に名言がある。

「優柔不断の「優」は「やさしい」って書くでしょ?」

これを言われたら、たまらない。私も優柔不断な男なので、この言い回しが嬉しかったりする。東城は女子高生にして菩薩領域に入った。そして優柔不断な自分を真中に投影しているからこそ、真中に対して怒りたくもなるのだ。贅沢としか言えない状況に置かれた真中を応援する気にはなれない(笑)

それでも作品そのものは好きだ。リアルタイムで読んでいた影響もあるのだろう。東城や西野が傷ついている瞬間は、真中もつらかっただろうけど読み手もかなり辛かった。山あり谷ありの展開だけど、そこがラブコメの王道を進んでいるようで楽しめた。

こんな人にオススメ

上で書いてなかったけど、ちょっぴりエッチなシーンが使われている漫画。真中の妄想として描かれるので、少年ジャンプの中では頑張った方だと思う。「お色気が無いと読めない」という人などはオススメ。ラブコメなのだけど、シリアスな場面では重い感じで描かれていたのも私には良かった。

ちなみに、私が推すのは東城だ。何の捻りもないけれど、ひたむきに真中を応援している彼女は応援したなぁ・・。東城に限らずみんな真中を温かく見ているが・・。私は東城の菩薩っぽさが好きだったけれど、リアル女子の意見からすれば「ありえない」で一蹴されてしまうという話

サブコンテンツ

このページの先頭へ