『DRAGON QUEST ダイの大冒険』ドラクエ漫画の最高傑作はコレに決まりでしょ!

ストーリー、ジャンル

国民的RPG「ドラゴンクエスト」の世界観を舞台に描かれたオリジナルストーリー。主人公・ダイは勇者に憧れる島の少年。そんなダイの元に、魔王ハドラーを倒した勇者アバンが現れる。

ダイを勇者にすべく特訓をしていたが、そんなダイたちの元には魔王ハドラーの手が忍び寄る。アバンはダイたちを守るためハドラーとの死闘によって死んでしまう。そんなアバンを失ったダイは、アバンの使徒であった魔法使いのポップと共に島を出発。

数々の冒険が待ち構えており、実際のドラクエで使われる呪文なども登場する「ドラクエファン」に愛された作品。ドラクエの産みの親である堀井雄二氏が監修を務めた。単行本は37巻。文庫本は22巻で完結する。

ドラクエ信者の私が認めた唯一無二のドラクエ漫画

ドラクエがドラマ化したらこんな感じなのだろうか。人間臭い。人間臭すぎて名作だ。本作は人と人の繋がりが密になる事に魅力を感じている。キャラの相関関係が作れないので申し訳ないが、仲間同士でも敵同士でも、さらには仲間と敵の間にさえも熱い絆が芽生えたりする。

特に魔王ハドラー率いる6団長の顔触れは忘れられない。クロコダイル、ヒュンケルなどは魔王軍を抜けて勇者に肩入れするようになるのだけど、信念を掲げて魔王軍にいた彼らなので見せ場は敵だろうと味方になろうとどっちに行ってもカッコいい。

そして「あいつだけは自分の手で・・」という宿命のライバル関係。勇者ダイVS魔王ハドラーの戦いは、もはや敵味方をぶっ飛ばした意地のぶつかり合いでたまらなかった。超魔生物になったハドラーはもう執念で打倒勇者にすべてをかけた。勇者を倒したいんじゃないハドラーの”魔王としてのプライド”が美しい。

ポップやクロコダイルも好きすぎる。足止めにいったポップに、それを察知できなかったクロコダイン。この作品は「涙を流す」というシーンもキャラによってはあるのだけど、読み手の心に訴えかける。その涙に共感できるのも、その熱さや悔しさが分かるからこそなのだ。

また男女間の「恋愛や嫉妬」を絡めたストーリーもいい。「告白するか、しないか」などの要素を入れているのは、上手いなという感想。ジャンプ黄金時代に堂々と君臨した漫画として「ドラクエフィルター」抜きにしても評価するしかない作品だと今でも思う。たびたび読みなおしたい漫画の代表格。

こんな人にオススメ

ドラクエはやった事があるけど、ドラクエ漫画を読んだ事が無い人は面白く読める。序盤は仕方が無いけれど絵の部分では未熟・・というと失礼か。漫画として立ち上がったばかりで、荒さも目立つけれどキッチリと進化する絵なのである時に気がついたらどハマり間違いなし

色んな要素を含んでおり、感動させられて不意を突かれたなんてシーンも多くある。また数々の名言が出る作品でもある。一例に過ぎないが「勇者は常に強くあれ」はクロコダインの戦士としての敗北を認める言葉と共に、勇者にエールを送っている。こういう細かなやりとりがまた良い作品として盛り上げているのだ。

リメイク作などでドラクエを始めた若い世代が、本作をどう評価するかは知りたいところだ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ