毎週月曜日に読んでいた少年ジャンプの舞台裏『バクマン。』

ストーリー、ジャンル

高度な画力を持ちながらも将来に何の希望も見出さない中学3年生の「真城最高」が主人公。そんな真城を学年トップの秀才「高木秋人」が原案を担当するという話から漫画家の道へ誘い込む。作画は真城、原作は高木の共同タッグで少年ジャンプでの連載作家を目指す事になる。

しかし、中学生にしてはどこか冷めたリアル思考な真城は、「漫画家なんて無理だ」と早々に諦め気味。そんな真城を見かねた高木がふっかけたのは、真城が恋心を寄せる亜豆美保への告白作戦。この作戦が思わぬ方向に進み、なんと真城と亜豆の結婚話にまで飛躍。

ただし亜豆からの条件がついて「真城と高木の漫画がアニメ化され、その作品のヒロインの座を声優として亜豆が務めること」という流れに。これがきっかけとなり真城に火がつき、一気に漫画制作に取り掛かる。漫画家、出版業界のストーリー作品にカテゴライズされている。

漫画人たちの魂が読者の心を離さない

この作品に出会えた人はラッキーだ。「漫画が制作される過程」というのは、ジャンルとしても基本的に少ない部類に入る。それが、少年漫画誌の王様であるジャンプの舞台裏を扱う作品となれば余計にレアだ。漫画を読んでいる人なら知っておきたい情報も惜しみなく流されている。

ジャンプに連載されるために必要な条件や、実際に漫画が出版社サイドに受け入れられ、読者に届くまでの過程は非常にシビアだということが伺える。読者が読んだとしても、「面白い」と思って期待してもらえなければ即脱落の厳しい世界。ドラゴンボールやワンピースといったジャンプを代表する作品も実名で使われリアル感が生々しい。

漫画家、編集スタッフが毎週1話1話に命と魂を吹き込む姿は、「漫画ファン」として生きてきた人には突き刺さるモノがあるだろう。毎週読んでいるとつまらない時もあったかもしれないが、制作陣は1話たりとも”捨てていない事”がわかる。

真城や高木は何度も苦境に立たされるが、必至の想いで作品を作り出しており制作の苦悩がにじみ出ている。「面白い」でもダメ、「まあまあ面白い」でもダメ、「すっげえ面白い!」を読者に届ける事が漫画家の仕事なのだというメッセージが痛いほど主張している。

読者アンケートに一喜一憂する制作者サイドの心情が見られる場面などは、パターン的に登場する事になるけれど雰囲気は毎回違う。打ち切りor継続が決定する現場は本当に重たいだろう。

漫画家の生き様や、漫画を世に仕掛ける編集部の気迫が素晴らしいデキで描かれている。職業:漫画人たちを描く小畑氏の画力もご存じの通り一級品で、コミックなら一気読みは避けられない仕上がりだ。

人間味あふれるキャラクターたちの魅力

注目されるのは真城、高木の主人公ペアだけではない。ライバル新妻エイジを筆頭に、序盤から次から次へと読者を注目させる存在が惜しみなく登場する。

特に、彼らに「追い付け追い越せ」の勢いでやってくるライバル漫画家たちは、人間味に溢れ、時には意表をついた戦いを仕掛けてくるため目が離せない。ジャンプ誌面が戦争舞台に変わり、それぞれの漫画家が連載獲得やアンケート1位を目指し火花を散らす。こういった一連の中で起こるワクワク感が私にはたまらなかった。

そして漫画家はもちろん、編集部からもひと癖もふた癖もある人材がやってくる。漫画家と編集者という立場による対立なども乗り越えながら、漫画という作品を良くしていこうとする流れが素晴らしい

編集者サイドのような会社に帰属した人たちの葛藤も見事で、心的負担を背負うなどの苦しみはまるで読者に伝染してくるかのようなシーンもある。

それこそ「サラリーマン」として生活している人は、編集員に共感してしまう事もあるはず。上と下の関係に挟まれる中間管理職のような位置の厳しさも、本作ではしっかり描かれている。

 

こんな人におすすめ

色々と書いてきたが、絶対にオススメしておきたい人たちがいる。それは「純愛モノ」が好きな人たちだ。「真城と亜豆はアニメ化で結婚」という話で主要ストーリーに盛り込まれているが、他の登場人物も色々な場面で恋心に花を咲かせている。そこには当然ながら、上手くいく人もいれば失敗する人もいる。

真城や亜豆、蒼樹、編集部の服部といった硬派なタイプ。高木、福田のようなイマドキな若者タイプ。平丸、中井のような積極アピール(?)タイプなど個々の性格に応じた恋愛風景が、サブストーリーながらとても丁寧な描写で表現されている。

笑ってしまうような恋愛もあれば、泣けたり、応援したくなるような話まで完璧なる仕上がりだ。サブストーリーであるにも関わらず、誰と誰がくっつくのかを気にさせるのは、大場氏の上手さだと関心せざるを得ない。漫画好きには「思い出の作品」となるであろう至高のマンガだった。

サブコンテンツ

このページの先頭へ