小学校時代にタイムスリップして好きだった女子を襲うとかおかしいとしか言えない『生まれる価値のなかった自分がアンナのためにできるいくつかのこと』の主人公が鬼畜すぎた

 

ストーリー、ジャンル

32歳の主人公・向井和也は小学校時代からの友人である小杉京太杏奈(アンナ)夫妻に子供が出来た事を知らされる。しかし駄目な人生を送る和也にとっては、手放しで喜べない事情があった。それは杏奈に対する想いが子供の頃から内在していたからだ。

和也は自分とは対照的に幸せな未来が待っている京太と杏奈を見て自暴自棄となり泥酔する。しかし酔った勢いで学校に忍び込み変質的な行為に走っていたところを警備員に見つけられてしまう。発覚を恐れてた和也は逃げるのだけど、屋上から転落して死んでしまう。

和也はこの事故後、気がつくと20年前の世界に戻っている。ここから和也は大人の記憶を引き継ぎ小学生をやり直すというストーリー。想いを寄せている杏奈はもちろん、その他のクラスメートに対する奇行を取っていく事になるのだが・・。

冒頭だけ読むと、「タイムスリップ歴史SF」っぽいが、内容はかなりダークでホラーな要素を含んでいる。時代を移動したサスペンス漫画だと思って頂けるとわかりやすい。

“鬼畜”が小学生の身体に宿る怖さ

ネットで見つけた時「生まれる価値のなかった自分がアンナのためにできるいくつかのこと」というタイトルの長さにだけ意識が行った。こういった奇抜なタイトルで目を引く作品も多く出版されているため「内容はさほど期待できないだろう」と試しに読んだ程度。ところが予想を覆す面白さだった事は言うまでも無い。

理由はタイトルだけを見ると、和也が小学校に戻った時点で「アンナを助ける」という主旨に切り替わると思ってしまうからだ。しかしそれは先入観で、和也はアンナはもちろん小学生の友人たちをどんどん追い込むクソ野郎になり下がってしまう

もともとロリコンだった和也は女子生徒に手を出しつつ、アンナを襲う為にあの手この手で細工を施す。好きだった子で、しかも小学生の女の子相手なのだから酷いクズっぷり。

和也の影響で死者が出るシーンも出てくるが和也の勢いは止まらない。「アンナを襲う」と決めれば徹底的に追い回すし、邪魔する者は排除していく狂気の沙汰はまさに鬼畜

本作ではこういった和也の狂気を見る事になるのだけど、この狂気を止めるために動く存在もいる。またタイトルの意味もどんどん伏線が拾われるごとに判明するので、理解できた時は「なるほど」と納得させられストーリーの妙に触れる事もできる。

「アンナのためにできること」は誰が何のために、何をするのかという部分が見どころ。サブキャラたちも映えているので、全3巻というのは少なく感じてサラリと読める。

「”ゲス野郎”が大好きな人」にオススメ

漫画としてはありがちな立ち上がりだが、時代を遡ってやり直すという主旨の作品が好きであれば文句なく楽しめる。和也は歴史を変えようとするけれど、それを阻止しようとする力が働くので見応えはあるかと。

あとはクソ野郎をみたいなら向井和也は知っておくべき。どんどんクズっぷりが明らかになっていくので、読んでいると「本当はこの和也というキャラは病気なのでは?」とさえ思うようになる。作者自身も、胸くそ悪いと考えながら作ったようだ。

狂気の犯罪者が”子供の姿”になったパニックホラー作品。

サブコンテンツ

このページの先頭へ